淡窓伝光霊流日本詩道会
入会案内
詩吟試聴
リンク集
ブログ
 
詩聲館ホームページ
吟詠ミュージアム
深田光霊記念『詩聲館
 
「淡窓伝光霊流」由来・「深田光霊宗家」吟歴 / 詩道十則 / 日本詩道会会詩 
「深田光霊宗家」プロフィール / ディスコグラフィ / メディア
 
「深田光霊宗家」プロフィール
 
教 育
大正11年 大分県立竹田中学校に入学。国文学者・歌人の折口信夫博士の愛弟子であった国文教師・植栗与門先生との出会いが、生涯の進路を決めることになる。
昭和2年 竹田中学校卒業。植栗先生の母校・国学院大学高等師範部に入学。国文学を折口信夫(釈迢空)、武田祐吉、漢詩・漢文を新田興、言語学を金田一京助各教授に学ぶ。
昭和5年 国学院大学卒業。
昭和26年 大分県教育委員会教育庁大野地方教育課長として在任中の、9月から3ヶ月間、文部省主催のアメリカ教育使節団による新教育講習会(IFEL=アイフェル)の受講生に選ばれ、九州大学にて研修。
昭和28年 大分県立三重高等学校校長として赴任後間もなく、文部省推薦によりアメリカ・ミシガン州立ウエイン大学に9月から4ヶ月間留学、大学院にて特別研修。
職 歴
昭和6年〜12年 新潟県立新発田商業学校教論
昭和12年〜20年 大分県立中津中学校教論
昭和20年〜24年 大分県立竹田高等学校第一部長(教頭)
昭和24年〜28年 大分県教育委員会教育庁大野地方教育課長
昭和28年〜34年 大分県立三重高等学校長
昭和34年〜37年 大分県立聾学校長
昭和37年〜38年 大分県立大野高等学校長
昭和38年〜40年 大分県立鶴崎工業高等学校長
昭和40年〜45年 大分県立津久見高等学校長、定年退職
  この間昭和15年に中津中学で漢詩の校歌を制定(58年には校内に校詩碑建立)、その後、三重、鶴崎工業、津久見の各校校歌を制定した。中でも、津久見高校校歌は、野球部が昭和42年の甲子園センバツで、さらに同47年夏の甲子園で、それぞれ優勝した際、テレビ、ラジオを通じて全国に繰り返し鳴り響いた。
昭和45年〜平成15年 淡窓伝光霊流日本詩道会会長宗家として、本格的な吟詠普及活動に専念。それまで赴任先各地に発会させてきていた25地区詩道会をさらに50余に拡大し、25000人を超える巨大組織に発展させた。また、昭和43年の財団法人日本吟剣詩舞振興会(笹川良一創始会長)発会以来、常任理事として平成7年まで在籍、運営、教本の発刊、吟道大学、大学院の講師などを務めた。同時に、昭和47年に日本コロムビア吟詠音楽会会長として就任以来、平成10年の退任まで27年間、全国吟界のまとめ役を務めた。昭和50年、財団公認九州地区連絡協議会(略称・九連協)が発足するや、議長となり、平成7年まで在任した。
特 技
書 道 十段、日本文化書芸院顧問、審査委員長も務めた
柔 道 六段、講道館柔道
囲 碁 四段、日本棋院允許
漢詩作詩 「碩田吟社」主宰、大分合同新聞社、西日本新聞社の文化講座講師
吟詠道 「淡窓流」家元/「淡窓伝光霊流」創流宗家
表 彰
顕彰 昭和15年4月5日 日本吟道奉賛会より特別功労表彰(以後2回)
表彰 昭和49年6月22日 国民芸術文化の発展振興に寄与(文部大臣賞)
褒章 昭和52年11月3日 吟詠芸術普及向上と、後進の育成に寄与(藍綬褒章)
寿像 昭和53年11月23日 郷土文化の向上育成に寄与の頌徳碑
表彰 昭和54年11月3日 日本伝統の芸術文化普及発展に寄与(大分合同新聞文化賞)
表彰 昭和57年11月3日 吟詠芸術の普及と地域文化の向上振興寄与(大分県民文化賞)
受賞 昭和61年1月10日 卓越する吟詠芸術と財団運営功労(財団法人日本吟剣詩舞振興会「芸術大賞」)
表彰 昭和61年10月10日 日本吟詠芸術発展高揚に功労(全朗吟最高功労賞)
表彰 平成1年4月29日 永年教育功労(勲四等瑞宝賞)
表彰 平成3年5月18日 「ことばを大切にする会」の会長として、特にNHKその他マスコミの協力を得て全国運動を展開。10周年記念に当たり特別表彰(文部大臣賞)
ほか    

「ことばを大切にする会」とは
日本語を健全に守り育てる目的で、県内の学者、文化人有志を結集して、昭和57年5月18日を"5・18(ことば)"の日として制定する運動を起こした。特に東京NHK関係者の協力支援を得て、活発に運動を展開。年々その輪を全国に広げ、遂に平成3年5月18日を以て、満10周年記念大会を大分文化会館にて開催。2,300余名の会衆を集めて成功をおさめた。さらに平成9年には15周年記念大会を開催するが、制定の実現を見ぬまま、もっか活動が休止状態となっている。